キックがDV離婚!ものまね芸人で妻のSeikoに壮絶DV! - 芸能界の噂!!

キックがDV離婚!ものまね芸人で妻のSeikoに壮絶DV!



歌手・松田聖子(52)のモノマネ芸人Seiko(45)。

お笑い芸人で格闘家のキックが夫でDVを受けてきたという。→ ranking⇒ranking

サラリーマンが帰宅後にできる副業大全集



<以下引用>

彼女のモノマネ歴は長い。
「始めて18年になります。聖子さんは毎年大阪でディナーショーを行なうのですが、ショーのセットをそのまま残していただき、そこで私のものまねディナーショーをやらせていただいたことがありました」とはSeiko本人。そんな彼女が、後に結婚する芸人のキックに出会ったのは、2010年11月。
「新宿で行なわれたパーティーの余興にお互い出演していました。彼は元フジテレビの社員ですが、お笑い芸人に転向して、格闘家としてもデビューしています。口説かれ、交際がスタートしましたが、平穏な暮しは長続きはしませんでした」

最初に暴力を振るわれたのは交際から3カ月後。

「あるキャバクラの社長からものまねのショーパブの開店準備を依頼されて、その資金を預かっていたら、彼が開店資金の半分、給料も半分渡せと言い出したのです。“お金が目的なの?”と問い詰めると、逆上して暴力を振るいました」

それが地獄の始まり。

「格闘家ですから、殴られる衝撃は半端ではなく、アザどころか鞭打ちになってしまいました。木刀で殴られたり、頭突き、噛み付きも」

そんな関係でありながら12年に2人は結婚する。

「テレビ番組で彼が〃10歳年上の女性で、本気で結婚を考えている人がいる″と公開プロポーズしたのです。私は暴力が嫌で渋りましたが、〃俺に恥をかかせるのか。お前の母親と飼い犬を殺し、お前も駅のホームから突き落とす″と脅すのです。結婚したら暴力を振るわないという約束で結婚に同意しましたが、暴力の激しさは増すばかり」

なぜ我慢したのか。

「暴力の直後は、〃愛している〃ニ度としない〃などと傷の手当てをしてくれる。でも、2時間後には〃胃が痛いのはお前がストレスをかけるからだ〃とまた殴る」

今年5月、2人は離婚する。

「長野の小料理屋で食事をした時、帰りしな私が店の女将に“美味しかった”と言うと、後で彼は激昂。〃美味しいなんて言うな〃と。私が謝ると、〃てめえ本当に悪かったと思っているのか〃と詰め寄ってきた。どうでも良くなった私はとっさにタクシーに飛び乗りましたけど、髪の毛を掴まれ外に放り出されました。殺されると思い警察に電話をすると、警官が駆けつけてきて、被害届を出してくれれば現行犯逮捕すると言う。でも彼の母親から〃逮捕は勘弁して。あなたの実家に謝りに行く″と電話があり、被害届を出さない代わりに離婚することになりました。けれど、周囲に私の悪口を吹聴し、謝罪にも来ない。私は幾つかの警察署に被害届と告訴状を提出し、一部で受理していただきました」

キックの所属するホリプロコムに聞くと、「お話しすることはない」とのこと。元夫は任意の事情聴取要請に、仕事を理由に応じていないという。

<引用先 週刊新潮>

【画像】→ ranking

【タブー】→ read

2014-11-11 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105499788 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
アラサーやアラフォーの婚活をサポート
Copyright © 芸能界の噂!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます