松たか子 新作映画での堂々な自慰シーンが凄い・・ - 芸能界の噂!!

松たか子 新作映画での堂々な自慰シーンが凄い・・

vice fairy 浴衣 激安通販
----------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ
クリックすると喜びます!(^^)!

女優、松たか子(35)が9月8日公開の映画「夢売るふたり」で初のエロスを披露。

しかも、かなりエロティックだと評判だ。→ ranking
 

ワイド芸能ショー

<以下引用>

「そのシーンは唐突にやってきた。今に横たわっている松がおもむろにグレーのスカートをまくり上げるんです。慣れた手つきで右手を入れて何やらモゾモゾと動かし始める。最初は一瞬、何をしているのか分からなかった。でもすぐに自慰行為をしていることがわかってくる。どうやら資金稼ぎと称してほかの女を抱いて自分には目もくれない夫のことを思い、嫉妬と寂しさから自分を慰めている。→ ranking



松の唇が半開きになり、舌がチロチロと動く。やがて目は空を見つめ、虚ろとなり手の動きが徐々に激しさを増す。まさに彼女が絶頂を迎えようとした瞬間、無情にもファックスを知らせるベル音が鳴り響く。現実に戻された松はティッシュペーパーで手を拭くと、まるで何事もなかったかのようにパソコンを始めるんです。→ ranking



映画「夢売るふたり」で新境地を開拓した松に注目しているのが映画配給会社やテレビ各局。早くも「次回作の主演に」と争奪戦が展開されているのだ。

「企画書を手にしたプロデューサーやー監督が連日、所属プロダクションにやって来る。目的はオナニーシーン以上の過激濡れ場です。梨園のお嬢様女優で人妻というキーワードは男性の欲情を掻き立てるには十分過ぎる。次はバストやヒップはもちろんだが、当然絡みも見たい」(事情通)→ ranking



そんな中で現在、ある2本の映画企画が有力候補に挙がっているという。

「1本はフジと東宝が82年に公開した映画『蒲田行進曲』のリメーク企画を提案している。監督には堤幸彦。松坂慶子が演じた小夏に松、銀四郎には向井理、ヤスには映画初出演となる芸人”アンタッチャブル”の山崎弘也の名前が浮上している。目玉は銀四郎と小夏のラブシーン。ヤスの目の前でバストを操まれながら犯されるんです」(映画関係者)

気になるもう1本は、86年に公開された映画『火宅の人』のリメーク作品。当時、緒形拳と原田美枝子の濡れ場が話題となった文芸作品だ。→ ranking



「当時は緒形と原田に本番疑惑が囁かれたほど激しいセックスシーンだった。松が承諾した場合も当然、濡れ場は一つの見せ場。現在、役所広司と渡辺謙の名前が浮上している」(関係者)

<引用先 週刊実話>


【画像】→ ranking
【タブー】→ reading
【画像】→

タグキーワード
2012-06-22 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56643680 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
アラサーやアラフォーの婚活をサポート
Copyright © 芸能界の噂!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます