長谷川京子、超過激な噂の「精子注入シーン」 - 芸能界の噂!!

長谷川京子、超過激な噂の「精子注入シーン」



清純派としてキャリアを積んできた長谷川京子(35)。

最近はドラマ『Oh, My Dad !!』も惨敗でいまいち話題性にかける。

しかし、実は、6月に放送された『配達されたい私たち』(WOWOW)の最終回で、とんでもない演技を披露していたのだ!⇒ranking


グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードならカナガン

副業FXで本業より稼げる方法?!


<以下引用>

長谷川が演じるのは、主演・塚本高史の妻。子供を望まない夫に対し、どうしても彼の子が欲しかった彼女は一計を案じる。

「セックス後、シルクのスリップ一枚だけ身にまとった長谷川が、そっとベッドから抜け出します。ベッド脇には丸まったパンティが落ちていて、実にリアルでした」(業界関係者)

そこから彼女は、思いもよらぬ行動に……。

「自分の愛液と男の精子にまみれた"発射済み"コンドームをゴミ箱から拾い上げたんです。そのコンドームを大事そうに鏡台まで運んだハセキョーは、なぜか昆虫採集セットを取り出して、その注射器で精液を吸い上げたんです」(前同)

そして、座ったまま片足を高く上げ、秘部をパックリ開いたかと思うと、自らズブリとアソコに注射器を突き立てたのだ。

「まさか、ハセキョーのナマ精子注入シーンが拝めるとは思わなかった。AV以上の過激さですよ」(同)

清純派の長谷川が、そこまでやるとは……。

「もともと長谷川は演技力がウリではなく、いずれはフルヌードなどの話題で勝負せざるを得ない。今回のドラマが転機になるかもしれませんね」(制作関係者)

<引用先 週刊大衆>

かなり過激です・・・



ハセキョー過激画像

【画像】→ ranking
【タブー】→ reading
【画像】→ ranking




タグキーワード
2013-10-20 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78632330 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
アラサーやアラフォーの婚活をサポート
Copyright © 芸能界の噂!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます